水色のtooth型ハンコ押します

私の勤務する歯科・口腔外科では今年度からトップが変わり診療体制も大きく変わった

私が取り組んできた「リハビリテーションを考慮した

歯科衛生士が提案するブクブクうがい」も変化に乗っかる

患者さんに配布用のプリントを用意

部長先生の提案でタイトルの簡素化を図り

高齢患者さん向けにフォントの大きい物も用意

1番飛び上がって喜んだのは「ブクブクうがい」

を指導した患者さんのカルテに

マークを付ける指示をもらった事❣️

カルテ1号用紙の左上には水色のtooth型ハンコ

 

むしばミュータンスのぼうけん

先日児童館で見つけた絵本2冊

 

その中の1冊

かこさとし先生の「むしばミュータンスのぼうけん」

1976年に出版されているこの本のあとがき

40年以上経過している現在

色々な意味で考えさせられる文章

 

〜以下引用〜

現在、日本の子どもは、98%がむしばにかかり、平均9本のむしばを持っているという事実は、驚きと悲しみと怒りを私に与えます。
砂糖業者や菓子メーカーやテレビのコマーシャルや、なおしてくれぬ歯科医がわるいという声もききます。

確かに、それにも問題がありますが、こんなにも多くのむしば子にしてしまった兇悪無残な犯人は、極悪非道な悪者はーーーまぎれもなく大人、特にその子の親だということです。

文字どおり「甘やかし」、「アメをなめさせた」方々に反省を求めつつ、この本をおくります。私は、ひじょうに残念な気持ちでいっぱいなのです。

 

かこさとし公式サイト虫歯予防

上のページに書かれている

40年後に出された「むしばちゃんのなかよしだあれ」のあとがき

時代を反映している・・・

かこ先生って子供のことを真剣に考えていらっしゃったんだな〜

と改めて感じました。

味覚が健康を左右?

たまたま、テレビをつけたらこの画像

途中からでしたが、子供たちの味覚を育てる取り組み

「味覚教室」

キャベツと白菜を食べ比べて

それぞれの味の特徴を表現

噛まずに食べても味の違いはわからないけど・・・

よく噛んで唾液が混ざると

甘くなったり

苦味を感じたり

違いがわかります

普段の食事で味覚を意識していますか?

このフレーズが出てくるってことは、意識していない人が

たくさんいるってこと

 

 

 

来週は小学校で

子供達に味覚の話をして来ます

このエプロンを使って!!