むしばミュータンスのぼうけん

先日児童館で見つけた絵本2冊

 

その中の1冊

かこさとし先生の「むしばミュータンスのぼうけん」

1976年に出版されているこの本のあとがき

40年以上経過している現在

色々な意味で考えさせられる文章

 

〜以下引用〜

現在、日本の子どもは、98%がむしばにかかり、平均9本のむしばを持っているという事実は、驚きと悲しみと怒りを私に与えます。
砂糖業者や菓子メーカーやテレビのコマーシャルや、なおしてくれぬ歯科医がわるいという声もききます。

確かに、それにも問題がありますが、こんなにも多くのむしば子にしてしまった兇悪無残な犯人は、極悪非道な悪者はーーーまぎれもなく大人、特にその子の親だということです。

文字どおり「甘やかし」、「アメをなめさせた」方々に反省を求めつつ、この本をおくります。私は、ひじょうに残念な気持ちでいっぱいなのです。

 

かこさとし公式サイト虫歯予防

上のページに書かれている

40年後に出された「むしばちゃんのなかよしだあれ」のあとがき

時代を反映している・・・

かこ先生って子供のことを真剣に考えていらっしゃったんだな〜

と改めて感じました。

ガムをかむかむ

 

ガムをかむかむでは100%キシリトールガムをお勧めします。
無理のない範囲で行いましょう。
乳歯で揺れている歯が有るときや、あごの関節にトラブルを抱えている方は
無理のない範囲で行いましょう。
ガムを咬む力で顎の骨に負荷がかかりしっかり顎が成長することで
乳歯と永久歯の生えかわりがスムーズにすすむことを期待します。