小学生(混合歯列期)

今回小学校の読み聞かせの時間に

ぶくぶくうがい&食育エプロンたっくん

を利用して

子供達に知ってほしいこと紹介して来ました

 

⭐️ぶくぶくうがいの紹介

お昼ご飯の後の

休み時間だったのでみんなでぶくぶくうがいの練習をしました

大きくほっぺを膨らませて

ぶくぶく30回

お昼ご飯の後や歯磨きができない時に

ぶくぶくうがいをすることで食べかすが取れて

さっぱりします

そのほかにも

唇の力をつける、鼻呼吸の練習になるなど様々な効果があります

みんな続けてくれてるかな〜?

 

🌟食育エプロンたっくんを使って味覚の勉強

舌には味蕾があってそこに味が届くと味を感じる

味蕾に味を届けるにはよく噛むことと唾液が大切

基本の味・甘い・苦い・酸っぱい・しょっぱい(塩味)

*今回旨味はパスしてます

このことをエプロンを利用して子供達に伝えたあと

 

質問

ご飯の味はどんな味?

「・・・・。」

「ごはんの味。」

と、ご飯の味はまだ難しかったようです。

ご飯をよく噛んで食べると「甘い味がする」と伝えると

びっくりしてました

今度同じ質問をした時に「甘い!」と答えが出てくると

みんなよく噛んで味わって食べてるってことですね

  この日のお昼ご飯には

  パプリカが出てたみたいでパプリカ嫌いって言ってた子に

  パプリカもよく噛んだら甘い味もするよとこっそり教えてあげました

 

 

⭐️歯を大切にするには歯のことを知る

歯の秘密はたくさんありますが

基本中の基本

Q1子供の歯は何本?

Q2大人の歯は何本?

元気な子供達は色々な回答をしてくれましたがやはり・・・

歯の本数を知ってる子はあまりいませんでした

 

大人でも知ってる人は少ない現実

歯の本数をまず知ってもらうことで

自分のお口に興味を持ってもらえればうれしいです

 

きっとこの日話を聞いてくれた子たちは

今自分のお口の中には子供の歯何本?

大人の歯何本?と興味を持ってくれてるはず!!

 

歯にとっては激動の小学校時代

子供の歯20本から大人の歯28本に体の成長とともに

お口も変化していきます

楽しく変化を観察できるといいですね

 

 

今回、短い時間でさわりだけのお話でしたが

みんな一生懸命参加してくれました

また、会える日を楽しみにしてます

ありがとうございました

わざわいてんじて・・・

昨日から使っている機械の不具合で水が使えない

普段は水が出るブラシで汚れを落としているがそれができない

歯ブラシやフロスで浮き上がらせたものをこのブラシでささっと綺麗にしている

違う場所で(水が使える環境)でいつもの仕事をすればいいのですが

今日はとことん普段お家でできるうがいを指導することに

 

 

ペーストを使って磨き、フロスをして・・・(私)

自由にうがいをしてもらう

 

何処にペーストや汚れが残っているかを確認して

うがいの指導

 

上の前歯の歯磨きが苦手な人(上の前歯に汚れが残っている人)は

上の前歯のうがいが苦手

下の歯と歯の間に汚れが残っている人はやはり下の前歯のうがいができていない

 

特に下の前歯のうがいは難しいようで

今日は下の前歯のうがいの練習(下の前歯と唇の間を膨らませる)

いっぱいしました

 

前歯に汚れがつきやすい方は

これ「うえしたプクッ」練習しましょう

 

あっぷっぷ

 

唇力のトレーニング
ほっぺのエクササイズ
お鼻でゆっくりスーハーしながら鼻呼吸のトレーニング
唇ぎゅっ
ほっぺぷく
奥歯はかちっと咬み合わせ
ベロはうえの前歯の裏
これであっぷっぷ!ベロの位置が定まらないと長くあっぷっぷが出来ません。
ベロがしっかり上にくっついていると何度も唾をゴックンできるので
長く力強いあっぷっぷが出来ます。