水色のtooth型ハンコ押します

私の勤務する歯科・口腔外科では今年度からトップが変わり診療体制も大きく変わった

私が取り組んできた「リハビリテーションを考慮した

歯科衛生士が提案するブクブクうがい」も変化に乗っかる

患者さんに配布用のプリントを用意

部長先生の提案でタイトルの簡素化を図り

高齢患者さん向けにフォントの大きい物も用意

1番飛び上がって喜んだのは「ブクブクうがい」

を指導した患者さんのカルテに

マークを付ける指示をもらった事❣️

カルテ1号用紙の左上には水色のtooth型ハンコ

 

mil-kin(見る菌)とは なかなかのネーミング

今診療所に

生物女子としてはテンションの上がる

キットが来ている

デモ機らしい

スマートフォンのカメラアプリを利用する

モバイル顕微鏡

早速試してみた

下の暗号をタップすると

倍率  1000倍で小ちゃいのが動いてます

3F8F48AB-1F85-4F50-9367-855A55ECE157

患者さんも私みたいにテンション上がるかな❓

凄いプラークの患者さん

今なら歓迎❗️

アップデート

五月晴れの今日この頃

今日は引きこもって6年ぶりに

新人衛生士向け歯周治療に関する

PowerPointをアップデートします

4月から現役卒業の初々しい

衛生士が口腔外科に来ました

覚える事は山ほどありますが

まず歯周組織に関する所見がある程度

予測出来るよう手助けになればと思います

教科書借りてみました

参考のために用語等変更がいるもの

歯周病に関する細菌や

全身疾患との関連等内容が随分詳細に

情報は日々進行形参考になります

私の持ってる情報の方が

さらに先を行ってる内容も有り

臨床恐るべし❗️

PowerPoint内容表記アップデート

まずはタイトルから少しイラストを入れ替えました

形から入る私のスタイル

2019 春の研修会1

2019 3.21

柿木保明先生の『臨床で診る舌診と漢方薬』の

講演内容から追加投稿致します

舌痛症について

舌痛症は舌に器質的な変化が見られない

にも関わらず舌の痛みを訴える病態の総称

口腔心身症患者の中で最多で有るという報告が有る

加齢や免疫力低下、服用薬剤および

心理的ストレスの影響なども言われている

柿木保明先生 口腔ケア総論より

口腔領域の原因として

口腔カンジダ症・ ドライマウスとの合併

歯や補綴物の影響などにより

舌尖、および舌縁部に発症しやすいとの報告が有る

口腔外科にはそれを訴える患者さんの受診が多い

その原因の1つカンジダ❗️

口腔外科に勤務していながら

なぜカンジダが舌痛を起こすのか

その原因を最近まで本当に知らなかった

その謎が解けて患者さんへの説明が

はっきり・きっちり出来るようになった

カンジダは酵母型から糸状型に変身し

菌糸でチクチク舌を刺すため痛みを感じるとの事‼️

治療法としては抗真菌薬の服用が第1選択となる

義歯装着者にはそれに伴い

デンチャープラークの有害性

デンチャーの清掃方法など

適切なアドバイスが必要

カンジダ溶解酵素配合義歯洗浄剤の使用も促す

何十年も前から有るピカ

カンジダ菌を溶解する作用はピカ独特のもの‼️

有床義歯に携わって来た私には当たり前のピカ

意外と一般的に購入が容易ではない

市場流通が少ない

 

全身状態、口腔環境および生活環境が

様々に関与している可能性が

考えられる舌痛症

歯科衛生士としては口腔衛生向上をサポートし

多岐にわたり色んな情報を収集し

適切なアドバイスが出来るよう

常にアップデートに努めなければならない

そしてブクブクうがいは

口腔衛生向上には欠かせないアイテム❣️

これからもますますブクブクが必要❗️

歯科衛生士   西端三貴子

 

 

 

生長

初めて越冬出来た布袋草

浮き袋が生長して来てます

今年はメダカの越冬数も

過去最高数