むしばミュータンスのぼうけん

先日児童館で見つけた絵本2冊

 

その中の1冊

かこさとし先生の「むしばミュータンスのぼうけん」

1976年に出版されているこの本のあとがき

40年以上経過している現在

色々な意味で考えさせられる文章

 

〜以下引用〜

現在、日本の子どもは、98%がむしばにかかり、平均9本のむしばを持っているという事実は、驚きと悲しみと怒りを私に与えます。
砂糖業者や菓子メーカーやテレビのコマーシャルや、なおしてくれぬ歯科医がわるいという声もききます。

確かに、それにも問題がありますが、こんなにも多くのむしば子にしてしまった兇悪無残な犯人は、極悪非道な悪者はーーーまぎれもなく大人、特にその子の親だということです。

文字どおり「甘やかし」、「アメをなめさせた」方々に反省を求めつつ、この本をおくります。私は、ひじょうに残念な気持ちでいっぱいなのです。

 

かこさとし公式サイト虫歯予防

上のページに書かれている

40年後に出された「むしばちゃんのなかよしだあれ」のあとがき

時代を反映している・・・

かこ先生って子供のことを真剣に考えていらっしゃったんだな〜

と改めて感じました。

片方のシルバーピアス

ずっと探してた片方のシルバーピアスが見つかった

お気に入りで季節を問わず利用していたのにある日突然姿を消した・・・。

 

半ば諦めて新しく制作依頼しようかとも思っていたのに

タンスの整理をしていたら見るも無残な姿で出てきてくれた

 

 

シルバー磨きの布で磨こうとしてもこの複雑な形のものは

綺麗にできないことはわかっている

そこで最近見つけた方法でチャレンジ

 

使わない歯間ブラシとルシェロのペースト

 

 

このペーストを使ってクリーニングしていて口の中の銀色の詰め物や被せものが

ピカピカツヤツヤになっている

ではこのシルバーのピアスも綺麗になるのでは・・・

いや、綺麗になる!!

 

 

普通の歯ブラシからは比べ物にならないくらいの繊細な毛先の歯間ブラシで

複雑な形態に塗り込んでいく

ただただ、ペーストをピアスにそっとつけて

全体に行き渡ったところで

水で洗い流した結果

なんとまーピカピカキラキラ!

新品の輝き!!!

手品のよう✨

磨く前と後

 

このペーストの場合はゴシゴシ磨かずに

ペーストが汚れに付着して綺麗にしてくれるタイプ

ゴシゴシしなくても綺麗になるってことを理解してもらえました?

歯も同じでゴシゴシしなくても綺麗になるんですよ

このペーストは・・・

 

種類豊富な歯磨きペーストそれぞれ用途も使い方も異なります

泡を立てて泡の力で綺麗にするものもあります

そのペーストに合わせて

動かし方を考えて歯ブラシを使うとより効果的