舌の癖からの舌つながり

先日参加した研修会

口は心身の窓であり 口は健康の入り口

講演者のお一人 柿木保明先生の講演から

舌を理解するために

生物の進化から話がスタート

上の図のように口から肛門一直線の

消化管が進化を経て

今の舌に発達したそう

分界溝から前方三分の二と後方三分の一での

味覚、感覚に関与する神経が異なる

その中の舌咽神経は反射で動く

まさしく上の図の様に

乳幼児の解剖学的特長である

喉頭の位置が高く、

尖端は軟口蓋にほとんど接触しているので

呼吸しながら、哺乳できる

一方、成人は無呼吸にしないと嚥下できない

乳児嚥下は発達の過程で失う能力

さて、先生のお話はとても

奥が深く臨床的で惹きつけられる

今日はこれまで

歯科衛生士 西端三貴子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

人事異動