DHP口腔ケアセミナー

2018/10/14 DHP口腔ケアセミナーに参加した。

少人数制で相互実習有りの半日コース
写真は相互実習用に用意されていた1人用のキットを再現!
現場で写真を撮り忘れてしまった。
ほぼ同じ様に準備出来たがスポンジブラシが1本とオブラートが写真には不足している。うまい棒は今日購入して来た。

うまい棒をどう使うのか、単純にサクサク食べるだけなのか?オブラートはどうするのか?みんなザワついた。(笑)

なんとオブラートとうまい棒で痂皮状の物を作り実習で口腔ケアにて除去すると言う。

手順としてうまい棒を開封前に粉砕しておく。
(注意)細かくしすぎないこと!口腔内に運びにくくなる。
オブラートを口蓋に貼り付けうまい棒も口腔内に塗布していく。
これがなかなか難しい!健康なDHばかりなので唾液が豊富!
口閉じればたちまち無くなる。開口状態を保持‼︎

ちょっとこの方法は微妙だと思った。(苦笑)
面白さはある。

手持ちのケア用ジェルのサンプルも!
それぞれテイストが微妙に違うためテイストを知っておくことも大事だ!

さて、今回初心に戻って見直してみた。
口腔ケアを受ける立場で。

ケアされる姿勢やケアに使うキット。
ポジショニングは重要でベッドでのジャッキアップ出来る角度、頚部前屈がどの程度出来るか?
そして腰の位置も確認患者さんが楽な姿勢を見つける。
ベッドの高さも大切で自分の腰に負担にならないか考慮!

車椅子のケースではまた違う首が反らない様に注意!

口腔ケアジェルや保湿用デンタルリンスのテイストには配慮が必要!嫌いなテイストでのケアは苦痛にもつながる。
口腔ケアの方法に正解は無く、いろいろな方法が有る。
状況、状態に応じて対応する事が求められる。

最近では口腔ケア、オーラルケアの表現は使わず
【口腔健康管理】と言う表現に変わって来ているそうだ。
口腔ケア、オーラルケアは介護職から発信された表現とのこと。

対象者は高齢者へ、
その人の場所へ行って行う。
基礎疾患の事、バイタルサインなど多岐にわたる情報を確認把握して
【口腔健康管理】を行う!

歯科衛生士が行う【口腔健康管理】とは
口腔内の衛生面だけでなく、口腔機能および摂食嚥下機能を含めて「食事が食べられる口かどうか」を見守り続けること。

新たなデータの更新を行いより良い【口腔健康管理】が出来るよう日々努力を重ねたい。

歯科衛生士 西端三貴子

ふるふる

 

たまにはベロもしっかりストレッチ
アッカンベーのようにしっかりお口の外にぎゅうーっと伸ばしてみましょう。
べろをしっかり動かすことで唾液腺も刺激を受けます。
べろは左右の口角をリズム良く触るように動かせればOK!

たんたんたん

 

意識してべろをしっかり動かそう!
ベロを使ってタンタンタンと音を出すことで
ベロが上あごを意識して触り
持ち上げることで唾液腺を刺激
お口がしっかり潤います
ベロの突出癖などある人は防止策にもなります。
悪習癖は日常のトレーニングが重要
ベロを上あごの一番深いところにしっかり押し付け
力強くはじいてみましょう。

元気いっぱい こどものお口

乳幼児期の口腔管理は、おいしく食べて、楽しくおしゃべり

食べ方・ぶくぶく・生活習慣
3つのツボを押さえてお口の元気度アップ

私たちの間では「ごはん(お米)は、よーくかんで食べるとあまーくなるよ」と、おじいちゃん・おばあちゃんのそのまた昔から、代々語り継がれてきました。実際、おじいちゃん・おばあちゃんが言う通り、食べ物は、かめばかむほど味わいが深くなり、おいしさが増していくものです。

それでは、よーくかんで食べている自分の口元を想像してください。よーくかむとき、顎は開いて閉じて、ひっきりなしの大活躍。唇はしっかりと閉じられ、頬は伸び縮み。舌は右や左、上や下に食べ物を転がして、さらに甘いの辛いの、苦いの酸っぱいのなどなど、おいしいさを感知するのに大忙し。そして28本(成人の場合)の歯がおいしいごはんをしっかりキャッチして、噛んで、砕いて、すりつぶします。顎、舌、頬、歯など、口元のいろいろな部位がじょうずに協力しあって働くことで、はじめてよーくかむことができるのです。

このとき、もう少しだけお口の中に注意を向けてください。かめばかむほどに、だ液がジュワーッと出てきているのがわかりますか?

「お口の健康」と聞くと、真っ先に思い浮かぶのは「むし歯」と「歯みがき」ですが、今回はこの「よーくかんで」と「だ液」に注目していきたいと思います。

さて、おしゃべりしているときや遊んでいるとき、テレビを見てるときや寝ているとき、わたしたちのお口の中は、ほぼ中性(pH7)に保たれています。ところが、食べ物や飲み物が入ってくると、中性のお口は一気に酸性へと傾きます。そして、酸性の度合がpH5.7を過ぎたあたりから歯の表面が溶けはじめます。さらに、この酸性の状態の下では、そもそものむし歯の原因である、むし歯菌の活動も活発になります。そして。この酸性の状態に長くさらされた健康な歯はむし歯へと蝕まれていくのです。

ところが、私たちのからだにはだ液という頼もしい力が備わっています。いったん酸性に傾いたお口の中は、だ液の力によって、中性へと押し戻されていきます。よーくかむときに出てくるフレッシュなだ液は酸性を中性に押し戻す頼もしい力をもっていて、この力はどんな人工物にもかないません。また、嬉しいことにだ液には溶けはじめた歯の表面を修復して、元の状態にもどす力も備わっています。

わたしたちの口の中は食べたり飲んだりすることで、否応なしに酸性となります。その結果、飲食の度に歯の表面が少しずつは溶けだしてしまします。しかし、しっかりと咀嚼することで出てくるフレッシュなだ液の力が毎度この緊急事態を収拾してくれているのです。

元気なお口、健康なお口とは、たんにむし歯が無い、と言うだけではなく、だ液の力(押し戻す力と修復する力)が十分に機能しているお口ということができます。

どうでしょう?「食べたらみがく」の前に「よーくかむ」ことで、フレッシュなだ液をたっぷり出すことに目を向けてみませんか。食べている最中の、その食べ方がお口の健康への一番の手がかりなのです。さぁ!! みんなで「よーくかむ」と「だ液の力」のパワーアップに取り掛かりましょう。 “元気いっぱい こどものお口” の続きを読む