むしばミュータンスのぼうけん

先日児童館で見つけた絵本2冊

 

その中の1冊

かこさとし先生の「むしばミュータンスのぼうけん」

1976年に出版されているこの本のあとがき

40年以上経過している現在

色々な意味で考えさせられる文章

 

〜以下引用〜

現在、日本の子どもは、98%がむしばにかかり、平均9本のむしばを持っているという事実は、驚きと悲しみと怒りを私に与えます。
砂糖業者や菓子メーカーやテレビのコマーシャルや、なおしてくれぬ歯科医がわるいという声もききます。

確かに、それにも問題がありますが、こんなにも多くのむしば子にしてしまった兇悪無残な犯人は、極悪非道な悪者はーーーまぎれもなく大人、特にその子の親だということです。

文字どおり「甘やかし」、「アメをなめさせた」方々に反省を求めつつ、この本をおくります。私は、ひじょうに残念な気持ちでいっぱいなのです。

 

かこさとし公式サイト虫歯予防

上のページに書かれている

40年後に出された「むしばちゃんのなかよしだあれ」のあとがき

時代を反映している・・・

かこ先生って子供のことを真剣に考えていらっしゃったんだな〜

と改めて感じました。

寄り添う

5月も後残りわずか

6月は昔からな流れで歯のイベントの依頼がぼちぼち入っています

普段は歯科医院に来院された方に歯の大切さを伝えています

しかし歯科医院には多かれ少なかれ

歯を削ったり無くしたり(治療)している方がほとんど

歯の健康を守るには

外(医院以外)に出ないと!

と、細々と児童館などに出向いて歯の大切さを伝えています

これは毎年呼ばれている保育園での模様

●歯の大切さ

●お口の仕組み唾液、口の周りの筋肉の話

●自分の歯は自分で守る

など、子供達に伝えています

この子たちは現在1年生‼︎

 

ぶくぶくうがい毎日してますか〜〜😉

お口乾いていませんか?

一般的に口の中が乾くと、お水やお茶で水分補給をします

水分を補給してしばらく潤いが続く場合と

飲んでも飲んでも乾きがなくならない場合

水分補給して潤いがもどれば問題ありませんが

潤いが戻らない場合は唾液の量が減っている可能性があります

 

唾液の量が少ないと水分をいくら補給しても潤いはもどってきません

 

唾液線:唾液が出てくる場所

大きな唾液線から唾液が出てくる場所は

舌の裏側と左右の上の奥歯の頬側

この3箇所からたっぷりの唾液が出てくれば口の中が潤います

 

唾液が出てくる場所を刺激することで潤いをよびもどす方法

まずはぶくぶく体操で唾液が出てくる場所を刺激してみましょう

乾きを感じた時に効果的なぶくぶく体操

☆ たんたんたん ←舌の裏を刺激する

☆    あっぷっぷ  ←ほっぺを思いっきり膨らませて刺激する

 

 

それでも潤いが少ない場合は

お口の中の保湿剤がお勧めです

随分前から色々なものを試してきましたが

濃度が濃すぎてもベタベタして使い心地が悪いし

サラサラしすぎると保湿力が・・・

 

最近のお勧めはこれ!

バトラージェルスプレー

ジェルの硬さも丁度よく

使い方も簡単!お口の中にシュッとひと吹き

手軽で使い心地も良いと評判です

口が枯っからに乾けばおかしいと気づきますが

少し乾いているくらいではあまり気づかなお口の乾き

これをシュッとひと吹きして口の中が爽やかになったら

唾液の量が少なくなってるのかもしれません

手にハンドクリームを塗るように

お口の中にも保湿剤使って見てください

DHP口腔ケアセミナー

2018/10/14 DHP口腔ケアセミナーに参加した。

少人数制で相互実習有りの半日コース
写真は相互実習用に用意されていた1人用のキットを再現!
現場で写真を撮り忘れてしまった。
ほぼ同じ様に準備出来たがスポンジブラシが1本とオブラートが写真には不足している。うまい棒は今日購入して来た。

うまい棒をどう使うのか、単純にサクサク食べるだけなのか?オブラートはどうするのか?みんなザワついた。(笑)

なんとオブラートとうまい棒で痂皮状の物を作り実習で口腔ケアにて除去すると言う。

手順としてうまい棒を開封前に粉砕しておく。
(注意)細かくしすぎないこと!口腔内に運びにくくなる。
オブラートを口蓋に貼り付けうまい棒も口腔内に塗布していく。
これがなかなか難しい!健康なDHばかりなので唾液が豊富!
口閉じればたちまち無くなる。開口状態を保持‼︎

ちょっとこの方法は微妙だと思った。(苦笑)
面白さはある。

手持ちのケア用ジェルのサンプルも!
それぞれテイストが微妙に違うためテイストを知っておくことも大事だ!

さて、今回初心に戻って見直してみた。
口腔ケアを受ける立場で。

ケアされる姿勢やケアに使うキット。
ポジショニングは重要でベッドでのジャッキアップ出来る角度、頚部前屈がどの程度出来るか?
そして腰の位置も確認患者さんが楽な姿勢を見つける。
ベッドの高さも大切で自分の腰に負担にならないか考慮!

車椅子のケースではまた違う首が反らない様に注意!

口腔ケアジェルや保湿用デンタルリンスのテイストには配慮が必要!嫌いなテイストでのケアは苦痛にもつながる。
口腔ケアの方法に正解は無く、いろいろな方法が有る。
状況、状態に応じて対応する事が求められる。

最近では口腔ケア、オーラルケアの表現は使わず
【口腔健康管理】と言う表現に変わって来ているそうだ。
口腔ケア、オーラルケアは介護職から発信された表現とのこと。

対象者は高齢者へ、
その人の場所へ行って行う。
基礎疾患の事、バイタルサインなど多岐にわたる情報を確認把握して
【口腔健康管理】を行う!

歯科衛生士が行う【口腔健康管理】とは
口腔内の衛生面だけでなく、口腔機能および摂食嚥下機能を含めて「食事が食べられる口かどうか」を見守り続けること。

新たなデータの更新を行いより良い【口腔健康管理】が出来るよう日々努力を重ねたい。

歯科衛生士 西端三貴子

ふるふる

 

たまにはベロもしっかりストレッチ
アッカンベーのようにしっかりお口の外にぎゅうーっと伸ばしてみましょう。
べろをしっかり動かすことで唾液腺も刺激を受けます。
べろは左右の口角をリズム良く触るように動かせればOK!