2018 秋 研修会ラッシュ

2018年ももう12月、にもかかわらず暖かい。
師走!🏃‍♂️
この言葉だけでなんだか気忙しい感じがする。

先月11月は最終週に研修会、講演会が集中、実りのある秋の締めくくりとなった。

日本臨床歯周病学会関西支部秋の研修会は大阪大学歯学部、大阪歯科大学との合同研修会。


その中での症例報告、大阪大学歯学部附属病院口腔治療・歯周科の三木先生の報告で鑑別が困難であった歯肉上皮の欠損を特徴とする潰瘍性歯肉病変が認められた症例2件、どちらのケースも既往にリウマチが有り、リウマチ薬💊リウマトレックスを服用しており、医科主治医との連携をとり休薬する事で症状の改善へ。休薬1週間で疼痛が無くなり日を追う毎に歯肉所見も改善。4〜5年前から口腔外科では見られていたらしい症例なのだそう。
骨欠損は無く潰瘍性の歯肉病変を有する所見に遭遇した時は注意深く医療面接を!

そして、11回食医のつどいでは、心臓血管外科と脳血管外科の先生方の本音の話が聞けた。


チーム医療の重要性、在宅医療と歯科、心不全パンデミックに備えての終末期医療、緩和ケアの重要性。

脳卒中後の嚥下障害については常識と言われている事がそうで無かったりと興味深い内容の話。
「無理して食べさせると危ない、嚥下訓練は状態が十分に改善してから。」とか「麻痺側を上に、健側を下にして食事を摂取する。」とか他にも
常識と言われている事が実は間違いで有ると言う事実。

SAP(脳卒中後の嚥下障害のこと)
脳卒中発症からSAP発症までは3〜4日ぐらいの早期に起こる。
入院時の神経学的重症度と挿管、人工呼吸管理はSAPの危険因子。
肺炎は誤嚥だけで無く免疫抑制が原因の事も多く1週間以内に起こる。

脳卒中後の嚥下障害に対する積極的な経口摂取訓練は肺炎の発症を減少させる。嚥下障害の原因はいろいろ有るが、長期絶食による廃用により起こる。
出来るだけ早い介入が重要!

最後にスクリーニングテストの目的を理解しておく。
間違った理解では嚥下障害改善へは進まない!
今回はこの辺までで
理解を深めるためにもう一度同じ講演を聞いてみたい。

歯科衛生士 西端三貴子

DHP口腔ケアセミナー

2018/10/14 DHP口腔ケアセミナーに参加した。

少人数制で相互実習有りの半日コース
写真は相互実習用に用意されていた1人用のキットを再現!
現場で写真を撮り忘れてしまった。
ほぼ同じ様に準備出来たがスポンジブラシが1本とオブラートが写真には不足している。うまい棒は今日購入して来た。

うまい棒をどう使うのか、単純にサクサク食べるだけなのか?オブラートはどうするのか?みんなザワついた。(笑)

なんとオブラートとうまい棒で痂皮状の物を作り実習で口腔ケアにて除去すると言う。

手順としてうまい棒を開封前に粉砕しておく。
(注意)細かくしすぎないこと!口腔内に運びにくくなる。
オブラートを口蓋に貼り付けうまい棒も口腔内に塗布していく。
これがなかなか難しい!健康なDHばかりなので唾液が豊富!
口閉じればたちまち無くなる。開口状態を保持‼︎

ちょっとこの方法は微妙だと思った。(苦笑)
面白さはある。

手持ちのケア用ジェルのサンプルも!
それぞれテイストが微妙に違うためテイストを知っておくことも大事だ!

さて、今回初心に戻って見直してみた。
口腔ケアを受ける立場で。

ケアされる姿勢やケアに使うキット。
ポジショニングは重要でベッドでのジャッキアップ出来る角度、頚部前屈がどの程度出来るか?
そして腰の位置も確認患者さんが楽な姿勢を見つける。
ベッドの高さも大切で自分の腰に負担にならないか考慮!

車椅子のケースではまた違う首が反らない様に注意!

口腔ケアジェルや保湿用デンタルリンスのテイストには配慮が必要!嫌いなテイストでのケアは苦痛にもつながる。
口腔ケアの方法に正解は無く、いろいろな方法が有る。
状況、状態に応じて対応する事が求められる。

最近では口腔ケア、オーラルケアの表現は使わず
【口腔健康管理】と言う表現に変わって来ているそうだ。
口腔ケア、オーラルケアは介護職から発信された表現とのこと。

対象者は高齢者へ、
その人の場所へ行って行う。
基礎疾患の事、バイタルサインなど多岐にわたる情報を確認把握して
【口腔健康管理】を行う!

歯科衛生士が行う【口腔健康管理】とは
口腔内の衛生面だけでなく、口腔機能および摂食嚥下機能を含めて「食事が食べられる口かどうか」を見守り続けること。

新たなデータの更新を行いより良い【口腔健康管理】が出来るよう日々努力を重ねたい。

歯科衛生士 西端三貴子

ヨリタ歯科クリニック訪問

2018/7/28土曜日 (今までに無い台風12号接近)東大阪市に有るヨリタ歯科クリニックに伺いました。

台風接近でやきもきしましたが晴れ女パワーがなんとか終了まで持ちこたえてれました。JRの運休も予告されるなど帰りは結構バタバタ。これも記憶に残る経験となりました。

今回の依頼は古巣の先輩歯科衛生士とのコラボ講演

ちょっとカッコ良すぎる?(笑)

「患者さんと永く寄り添うために」をテーマに初診からメインテナンス、高齢者さんのケアの現状。そして口腔衛生を維持するための手段の1つ「うがい」についても少しお話が出来ました。

しかもうがいのデモンストレーションをするなんて全く想定外の私(笑)いつものごとくペットボトル片手に効果的ではないうがい、機能的効果的なうがい、一見効果的に見えるうがいをデモンストレーション❗

皆さんの前でグチュグチュゴックンを披露しました。(笑)

イントロ程度ですがうがいが披露出来て良かったです。

持参したCheekBalloonのフライヤーも皆さん興味深く見て下さってました。❣是非ちーちゃんのブクブクうがいのアニメーション使って欲しいですね。また機会があればみっちり「深〜いうがい」のお話が出来ると嬉しいです。

1年目からベテラン衛生士まで総勢40名近く大変大所帯のクリニックで今回のような時間を共有することが出来て楽しかったです。同じ出身校の後輩にも出会えました。今後に繋がる出会いになると嬉しいです❣

関係者の皆様有難うございました。

歯科衛生士 西端 三貴子

今年の児童館はじめ 歯が生えたばかりのちびっ子たち!!

歯が生えたばっかりの可愛い子達とお母さんにお話ししてきました。

ちーちゃんのアプリを使って先ずはお口の体操。
乳歯の話や大人の歯の話お口の成長などお話をした後でお口ケアの練習に、よくある質問で前歯が2本生えてきたけどどうしたらいいのか?
歯磨きができない、させてくれない。
これらの質問に私はいつもこう答えています。

お口のケアは歯磨きって思われがちですが、まだまだ焦る必要はありません。

前歯が生えてきたらまずは2つのことにチャレンジ
1、お口の中を触らせてくれて、歯を見て拭き拭き出来ること
2、ぶくぶくうがいができるようになる。まずは「あっぷっぷ」から練習

この2点が上手にできるようになること、特に1ができれば歯磨きはとても簡単にできるようになります。

何も見ずにゴシゴシ磨くと歯じゃないところにブラシが当たって歯磨きが大っ嫌いになってしまい磨く方も磨かれる方もお互いにストレスになってしまいます。

焦らずゆっくり先ずはお口の中を楽しく観察しましょう!
お母さんが楽しく観察すれば子供たちも協力してくれるはず!!

嫌がっているお子さんには無理せず出来ることからって事で、何本生えているか
表にチェックしてもらい次に生えてくる場所を確認

お口を触られることに慣れている子は、フロスの練習もしました。

お口のケアもスキンシップの一つお互い楽しくできるように工夫しましょうね。
って事で今回も楽しい時間を過ごすことができました。

2018年5月31日 石川県美川児童館

歯科衛生士 T

ちーちゃん、たっくん 元気いっぱい

2018年2月 大雪もおさまり今年も無事保育園の皆んなに会いに来れました。たっくんが生まれた頃からお邪魔している保育園で一年生になる年長さんが対象前半では年中さんも一緒にぶくぶくうがい体操をチェレンジしました。

 

まずは準備体操としてきーちゃんと一緒に3種類
いーうー/タンタンタン/あっぷっぷ
 準備体操ができたらぶくぶく基本をみんなでチャレンジ

保育士さんたちが毎日ぶくぶく実践してくださっているので、みんな上手にぶくぶく出来ますね。その後はたっくん登場 レモン、シャケ、キャンディーなど味覚のお話で盛り上がりました。

ここから後半

年中さんとはバイバイして年長さんとお口のお掃除の練習。歯ブラシを噛まない、歯ブラシの持ち方、動かし方を練習、次に先ほど練習したぶくぶくうがい!お水を入れて30回ぶくぶくぶく。その後歯垢染め出し液を使って残った汚れをチェック!

大人の歯、子供の歯、どこが汚れているか、自分で確認して残っている汚れをきれいに落とした後仕上げのぶくぶくうがい。

みんな上手にできました。

最後に質問タイム沢山の感想や質問が飛び出てびっくり小学校に行っても元気に発言してくださいね。